Finance Wisdom

【毎日更新】株式投資、新NISA、不動産投資、暗号通貨への理解を深め投資の賢人を目指す為のインフォハブ

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
最新の話題に関する記事を365日、毎朝アップしております。全て無料でお読みいただけますので是非読者登録をお願いいたします。

新NISA

新NISAは投資初心者にも優しい非課税の少額投資制度です。リスクを分散できる投資信託が利用可能で、中長期的な資産運用を目指す人にとって魅力的です。新NISAは、資産形成の入り口として、若年層や投資初心者におすすめです。

マイクロソフトの時価総額が5兆ドルになる日~テクノロジー業界の巨人が築く新たなマイルストーン

現在時価総額3兆ドル付近を上げ下げしているマイクロソフトですが、その設立以来、マイクロソフトは常にテクノロジー業界における革新の象徴として位置づけられてきました。多様な事業展開と戦略的な製品アップデートにより、同社はソフトウェア開発の先駆者…

NVIDIAが行う1対10の株式分割ってなに?株式分割をすると株価は上がる?

株式分割とは、一つの株式を複数の株式に分割することで、株価を調整する企業の行為です。例えば、1対10の株式分割では、一株が十株に分割されます。これにより、各株の価格は1/10になりますが、株主の持ち株数は十倍になるため、総資産価値に変化はありませ…

超円安時代に強い業界はどこか?~これから投資するならこの業界を狙え

超円安時代の背景と影響 1.1 円安の現状と予測 現在の為替市場では、日本円が大幅に下落しており、1ドル200円になることも予測されています。この現象の背後には、複数の要因が絡んでいます。まず、アメリカの金利引き上げが大きな要因です。米連邦準備制度…

【緊急投稿】NVIDIA決算で株価が1000ドルを突破し、利確するべきなのか悩んでいる人達への提言~売るべきか持ち続けるべきか

今回発表された2024 年会計年度第 1 四半期の決算でNVIDIAは市場予想を大幅に上回る業績を成し遂げました。売上高、純利益ともに大幅な増加を記録しています。この好調な業績は、主にAI技術の進展とデータセンター向けの需要増加に支えられています。特に、A…

【緊急投稿】NVIDIA 2024年会計年度第1四半期決算まとめ~ジェンスン・フアンCEOの言う「AIによる新たな産業革命」とは、そしてNVIDIAが築く壮大なエコシステムとは

NVIDIAは2024年会計年度第1四半期の決算を発表しました。世界中の注目と最大限の期待をもって迎えられたこの決算は、市場の期待をさらに超えてくる素晴らしい内容となっており、時間外取引でのNVIDIAの株価はとうとう1000ドルを突破しました。今回の決算では…

無双状態のNVIDIA、事前予想を上回る決算で時間外1000ドルの大台に突入!そして株式分割は6月!

NVIDIAはさきほど発表された最新の決算で、売上高・利益とも事前予想を大きく上回る業績となりました。前年度同期比で大幅に増加し、売上高も過去最高を記録、純利益は予想を大きく上回る結果となりました。これにより、NVIDIAはその技術力と市場での優位性…

NVIDIA、注目の決算を直前にして上昇、前回とは異なるこの動きは何を意味するのか大胆予測

NVIDIAは、現在AI向け半導体市場において圧倒的なリーダーシップを誇っています。主要製品であるGPU(グラフィックス処理装置)は、AIやデータセンター向けの高性能計算において他社を圧倒する性能を持ち、幅広い業界で採用されています。特に、ディープラー…

円安で日本経済崩壊!?今後考え得る最悪のシナリオを大胆予測!

現在の為替レートは1ドル=160円に迫る水準となっており、これは過去数十年間でも最高の水準です。この円安が進行する背景には、いくつかの重要な要因があります。まず第一に、日米の金利差が挙げられます。アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレ抑…

好調決算で株価爆上げ中のウォルマートの強さの秘密

ウォルマートの好調決算の概要 2024年5月16日、ウォルマートは2024年度第1四半期の決算を発表しました。この決算はウォルマートの力強い経営戦略と市場での優位性を証明するものであり、売上高、純利益、1株当たり利益のいずれもアナリスト予想を上回る結果…

企業の業績も良く、米国市場も好調なのになぜ日本株は上昇しないのか?鍵となるのはやはりNVIDIAだ

最近の日本企業の決算発表を見ると、多くの企業が予想以上の好調な業績を報告しています。この傾向は、特に自動車産業や電機メーカーに顕著に見られます。 まず、自動車産業においては、トヨタ自動車が世界中で堅調な売上を維持しています。トヨタは、新型車…

消費者物価指数(CPI)とは?なぜCPIがこれほど注目されるのか~株式相場、ドル円相場を正しく見極める為にCPIを理解しよう

消費者物価指数(CPI)とは? 消費者物価指数(CPI: Consumer Price Index)は、一般家庭が購入する財やサービスの価格変動を測定するための指標です。CPIは、生活費の変動を把握するための重要な統計であり、経済政策や金融政策の決定において重要な役割を…

5月22日のNVIDIA決算で事前予想通り240%の収益増だった場合、NVIDIAの株価は1000ドルを突破してくるのか?

NVIDIAの現状とAIブームの影響 1.1 NVIDIAの企業概要 NVIDIA(エヌビディア)は、1993年に設立された米国のテクノロジー企業で、主にグラフィックスプロセッシングユニット(GPU)の設計と製造を行っています。創業者でありCEOのジェンスン・ファン氏は、NVI…

大手銀行3グループの絶好調な決算から見る、今後の日本のフィンテックの将来性

フィンテック(フィナンシャル・テクノロジー)は、金融サービスとテクノロジーの融合を指し、新しい金融サービスの提供を可能にする革新的な技術を指します。フィンテックの登場により、金融取引の利便性が飛躍的に向上し、消費者や企業の間で急速に普及し…

FRBパウエル議長の発言から予測する、アメリカの利上げ時期

米連邦準備理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は、金融政策の指針を示す重要な役割を担っています。2024年5月14日にアムステルダムで開催された銀行関連のイベントで、パウエル議長は今後の経済見通しと政策方針について重要な発言を行いました。この…

Truth Socialと大統領選で注目されるトランプ・メディア・アンド・テクノロジー・グループは買いか?

先日SPACを利用しナスダックに上場を果たしたトランプ・メディア・アンド・テクノロジー・グループ(TMTG)の株価はその後落ち着きを見せているものの、米大統領選を控える中で未だ注目を集め続けています。今回はこのTMTGについて見ていきましょう。 TMTGが…

インドネシアに巨額投資をするマイクロソフトの今後の戦略と株価の見通し

マイクロソフトの新たな挑戦 マイクロソフトは、その設立以来、技術革新の先駆者として業界をリードしてきました。今日、この巨大なテクノロジーカンパニーは、人工知能(AI)とクラウドコンピューティングの分野に更に深く足を踏み入れています。これらの技…

”超お買い得銘柄” Navitas Semiconductorに先行投資すべし~SiC/GaN半導体の世界トップサプライヤー

Navitas Semiconductorとは 電子ガジェットに詳しい人なら「GaN」という言葉をご存知でしょう。GaN(窒化ガリウム)を使用した電源アダプターやスマホ充電器は、従来の物に比べて格段にコンパクトでなおかつパワフルなのが特徴です。Ankerのような人気ブラン…

バブルとはそもそも何なのか~「過剰流動性」を理解することでバブルから身を守れ

世界経済は過去数十年にわたり、増加する流動性の波(過剰流動性)にさらされてきました。この過剰流動性をよく理解することで、”バブル”の崩壊を事前に予測できるかもしれません。 1. 過剰流動性の発生背景 過剰流動性は、主に中央銀行による量的緩和政策と…

スタンリー・ドラッケンミラーによるNVIDIA株の売却報道についての分析~彼はNVIDIAを見放したのか?

スタンリー・ドラッケンミラーは、アメリカの投資家であり、金融業界での著名人です。彼はペンシルベニア州ピッツバーグ出身で、ボウディン大学を卒業後、数年間の金融分析職を経て、独自の投資スタイルを築きました。その後、彼はジョージ・ソロスの量子基…

スーパーマイクロが見事な復活、急上昇の兆し~このまま1000ドルの壁を突破できるか?

今年に入ってからたった3ヶ月あまりで4倍にも成長したSuper Micro Computerですが、その後米国市場全体の大調整の煽りを受けて一時700ドルを割れそうな局面まで下落しました。しかしここ数日の米国市場の復調の波に乗り、また大きく上昇してきています。ここ…

かつての”絶対王者”、インテルが再びAIとクラウド、5Gで覇者へと返り咲く、その理由

巨人インテルのこれまで インテルはかつて、パソコン用CPU市場において”絶対王者”として圧倒的な覇権を握っていました。1980年代の初め、インテルはコンピューター業界に革命をもたらし、1980年代から2000年代初頭にかけて、インテルのx86アーキテクチャは事…

アップルの米史上最大規模となる17兆円もの自社株買いは投資家にとってどのような意味を持つのか

アップルは、1100億ドル、日本円にして約17兆円にものぼる米国史上最大規模の自社株買いを発表しました。この決定は、アップルの長期的な成長戦略と株主還元策の一環として位置づけられています。自社株買いは、企業が市場から自己の株式を購入し、それを会…

Amazon、悲願の2兆ドルクラブ入りへ~クラウドとAIで勝者となれるか?

2024年第1四半期の決算において、アマゾンはその歴史の中で特に注目すべき成果を挙げました。そして米国の企業で5社目となる時価総額2兆ドル以上の”2兆ドルクラブ”入りとなりそうです。 クラウド部門、特にAmazon Web Services(AWS)が驚異的な成長を遂げ、…

増収増益で株価急上昇のPayPal~オンライン決済の始祖の今後の戦略とは

PayPalは、インターネットがまだ今ほどは普及していない、スマホも生まれていない時代に、オンライン決済を実現しました。今や、Xやテスラ、スペースXの経営者、そして大富豪としても名を轟かせるイーロン・マスクが1998年ピーター・ティールと共に設立した…

FOMCと雇用統計で米国株は今後どう動くか?~米国市場の今後の動きを分析する

近年の経済状況は、様々な要因により複雑な動きを見せています。特に、インフレ率の推移と経済成長のバランスが注目されており、これが連邦準備制度理事会(FOMC)の政策決定に大きな影響を与えています。現在、インフレは依然として高水準にありますが、こ…

緊急事態警報 - 日本政府の介入も虚しく、ドル円が今後200円まで突き進むその理由

週明けの為替市場はジェットコースターの如く大荒れ 週明けのアジア市場の動きはまさにジェットコースターのようでした。月曜日の早朝、トレーダーたちは160円台へと急上昇するドル/円相場に目を見張ることになりました。この動きは、1990年以来、34年ぶりの…

勝ち組投資家は皆知っている、利益を最大化する黄金率~あのバフェットも使うというケリー基準(ケリーの公式)とは

「ケリー基準(ケリーの公式)」という言葉をご存知ですか? ケリー基準は、リスクを伴う投資やギャンブルにおいて、どれだけの資本をどのように投じるべきかを決定するための数学的なメソッドです。この理論は1956年にベル研究所の科学者ジョン・ケリーによっ…

スマートフォンと5Gの覇者、クアルコムが次に狙うAIとIoT、車載インフォテインメントの未来~投資家から見たクアルコムの魅力

クアルコムのこれまで クアルコムは、デジタル通信技術の先駆者として、その名を世界中に知られるようになりました。1985年に設立されたこの企業は、当初から無線通信技術の革新を目指して活動を開始しました。クアルコムが市場に与えた最大の影響の一つは、…

Meta~メタバースとAI、VRの世界の総取りを狙うSNSの覇者~天才ザッカーバーグの戦略を投資家目線で分析する

ザッカーバーグの起業家としての軌跡 マーク・ザッカーバーグの起業家としての旅は、伝統的なアメリカの大学キャンパスから始まりました。彼がハーバード大学の学生だった2004年、ザッカーバーグは友人たちと共に一つのプロジェクトを立ち上げることを決意し…

CITY HUNTER シティハンターから学ぶ投資の哲学~冴羽獠の行動原理を理解する

このほどネットフリックスで鈴木亮平さん主演のドラマが配信開始し、世界中で話題沸騰中の「シティハンター」。原作の、冴羽獠を主人公とする人気漫画は1980年代に北条司によって連載開始されました。この作品は現在でも高い人気を誇り、アニメ化、映画化、…



当ブログへのお問い合わせはこちら  ©2023–2024 Finance Wisdom  ブログランキング・にほんブログ村へ 金融・投資ランキング