Finance Wisdom

【毎日更新】株式投資、新NISA、不動産投資、暗号通貨への理解を深め投資の賢人を目指す為のインフォハブ

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
最新の話題に関する記事を365日、毎朝アップしております。全て無料でお読みいただけますので是非読者登録をお願いいたします。

日本株

2024年に入り、日本株式市場は史上最高値を更新するなど、「失われた30年」を脱却しつつある兆しを見せています。これは、日本経済の回復力と潜在的な魅力の表れであり、グローバルな投資家にとって注目すべき動きです。経済政策の再編、技術革新、人口構造の変化などが背景にあり、日本の企業が新たな成長フェーズに入る可能性が高まっています。

NVIDIAが行う1対10の株式分割ってなに?株式分割をすると株価は上がる?

株式分割とは、一つの株式を複数の株式に分割することで、株価を調整する企業の行為です。例えば、1対10の株式分割では、一株が十株に分割されます。これにより、各株の価格は1/10になりますが、株主の持ち株数は十倍になるため、総資産価値に変化はありませ…

超円安時代に強い業界はどこか?~これから投資するならこの業界を狙え

超円安時代の背景と影響 1.1 円安の現状と予測 現在の為替市場では、日本円が大幅に下落しており、1ドル200円になることも予測されています。この現象の背後には、複数の要因が絡んでいます。まず、アメリカの金利引き上げが大きな要因です。米連邦準備制度…

NVIDIA、注目の決算を直前にして上昇、前回とは異なるこの動きは何を意味するのか大胆予測

NVIDIAは、現在AI向け半導体市場において圧倒的なリーダーシップを誇っています。主要製品であるGPU(グラフィックス処理装置)は、AIやデータセンター向けの高性能計算において他社を圧倒する性能を持ち、幅広い業界で採用されています。特に、ディープラー…

企業の業績も良く、米国市場も好調なのになぜ日本株は上昇しないのか?鍵となるのはやはりNVIDIAだ

最近の日本企業の決算発表を見ると、多くの企業が予想以上の好調な業績を報告しています。この傾向は、特に自動車産業や電機メーカーに顕著に見られます。 まず、自動車産業においては、トヨタ自動車が世界中で堅調な売上を維持しています。トヨタは、新型車…

消費者物価指数(CPI)とは?なぜCPIがこれほど注目されるのか~株式相場、ドル円相場を正しく見極める為にCPIを理解しよう

消費者物価指数(CPI)とは? 消費者物価指数(CPI: Consumer Price Index)は、一般家庭が購入する財やサービスの価格変動を測定するための指標です。CPIは、生活費の変動を把握するための重要な統計であり、経済政策や金融政策の決定において重要な役割を…

大手銀行3グループの絶好調な決算から見る、今後の日本のフィンテックの将来性

フィンテック(フィナンシャル・テクノロジー)は、金融サービスとテクノロジーの融合を指し、新しい金融サービスの提供を可能にする革新的な技術を指します。フィンテックの登場により、金融取引の利便性が飛躍的に向上し、消費者や企業の間で急速に普及し…

バブルとはそもそも何なのか~「過剰流動性」を理解することでバブルから身を守れ

世界経済は過去数十年にわたり、増加する流動性の波(過剰流動性)にさらされてきました。この過剰流動性をよく理解することで、”バブル”の崩壊を事前に予測できるかもしれません。 1. 過剰流動性の発生背景 過剰流動性は、主に中央銀行による量的緩和政策と…

緊急事態警報 - 日本政府の介入も虚しく、ドル円が今後200円まで突き進むその理由

週明けの為替市場はジェットコースターの如く大荒れ 週明けのアジア市場の動きはまさにジェットコースターのようでした。月曜日の早朝、トレーダーたちは160円台へと急上昇するドル/円相場に目を見張ることになりました。この動きは、1990年以来、34年ぶりの…

勝ち組投資家は皆知っている、利益を最大化する黄金率~あのバフェットも使うというケリー基準(ケリーの公式)とは

「ケリー基準(ケリーの公式)」という言葉をご存知ですか? ケリー基準は、リスクを伴う投資やギャンブルにおいて、どれだけの資本をどのように投じるべきかを決定するための数学的なメソッドです。この理論は1956年にベル研究所の科学者ジョン・ケリーによっ…

ダークプール取引とは - 闇の世界で行われているあなたの知らない秘密の株取引 - 投資家同士のマッチングサービス?

ダークプール取引とは? 「ダークプール取引」、いかにも怪しげなイメージを抱かせるこの言葉をご存知ですか?地下組織が行う非合法な取引?ダークウェブ上で売買される銃や薬?いえいえ、安心してください。ダークプール取引とはそのような犯罪行為ではあり…

賢者の金言!ビヘイビアル・ファイナンスが教える投資の心理学

ビヘイビアル・ファイナンスの基礎 はじめに ビヘイビアル・ファイナンスとは、伝統的な金融理論が前提とする「人々は理性的で、情報を完全に処理し、常に合理的な決定を下す」という考えに疑問を投じる学問分野です。この分野は、心理学的、社会的、感情的…

カオス理論:株価の暴落も予測できる?予測不可能と思われる未来を予測する数学的アプローチ

カオス理論は、1970年代に気象学者エドワード・ローレンツによって一般に知られるようになりました。カオス理論とは、小さな変化が大きな結果を引き起こす場合、その理由を説明する数学の一分野です。「バタフライ効果」とも呼ばれることがあります。これは…

マーケットセンチメント分析とは?成功者のみぞ知る株式市場で勝つための心理戦術

株式市場の心理学入門 株式市場は数字やデータだけで動いているわけではありません。市場を形成しているのは生身の人間です。投資家たちの喜びや怒り、不安、興奮、期待、恐怖といった感情、心理が市場に大きな影響を与えています。株式市場における心理学の…

株式投資における”腹八分目”の哲学 - 真に優れた投資家とは - 儲けが”絵に描いた餅”で終わらぬ為に、勇気を持って利確をしよう

古来より、私たちの祖先は生活の知恵として「腹八分目」という教えを残してくれました。このシンプルな言葉には、過剰な欲望にブレーキをかけ、常に自己制御を保つことが結果的には最善の効果を生み出すという深い哲学が込められています。株投資の世界にお…

米国株崩壊の兆し?~ 今、日米市場に迫る試練の全貌を読み解く ~ NVIDIAは2024年中に1000ドルに到達できるのか

米国市場の動揺 最近の米国の株式市場は、様々な要因により動揺を続けています。そして日本時間17日の半導体製造装置大手ASMLの決算が市場予想を下回ったことにより、直後のハイテク銘柄はNVIDIAを筆頭に大きく下げる結果となっています。米国株は今後どうな…

ロボアドバイザーって何?~ AIで自動化された新時代の投資戦略を活用し賢く資産形成

ロボアドバイザーってなに? 近年、金融テクノロジーの進化は著しいものがあり、私たちの生活に大きな影響を及ぼしています。その中でも、とりわけロボアドバイザーは注目の技術の一つとして、投資の世界に革命をもたらしています。かつては人間の専門家の手…

市場のボラティリティを生かした投資戦略で他者に差をつけ成功する

市場ボラティリティの基礎知識 投資の世界において、ボラティリティ(市場の変動性)は常に存在し、投資家にとって最も大きな関心事となっています。しかし、この変動性の本質を理解し、利用することができれば、市場の不確実性の中でも利益を最大化すること…

ソーシャルトレーディングとは?個人投資家にとってのソーシャルトレーディングのメリットとデメリット

ソーシャルトレーディング入門 ソーシャルトレーディング、まだあまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、ソーシャルトレーディングは近年投資の世界で注目を集めている革新的なアプローチです。今回はソーシャルトレーディングの基本概念を解説し、その…

【今更聞けない】コール・オプションとは?”買う権利”を買う?知らないと損するオプション取引のメリット・デメリット

株式投資の世界では様々な商品、取引方法が存在します。その中でも、特にオプション取引はその柔軟性と利益潜在性の高さ、市況によっては時に「ローリスク・ハイリターン」を狙うことができる為、注目を集めています。コールオプションは、オプション取引の…

賃上げ分の給与は全て新NISAのつみたて投資枠へ回すべし~非課税投資枠をフルに活用しインデックス投資で長期運用

はじめに - 今年の賃上げの動向とは? 2024年、我々日本国の経済は転換点に立たされています。これまで長きに渡り「賃金の上がらない国」という汚名を着せられていた日本ですが、今や多くの企業が賃金の見直しを行い、従業員に対して賃上げを実施しています…

株式投資するならこれだけは読むべし。Finance Wisdomが選ぶ珠玉の本7冊。電子書籍でも読めるおすすめ本ランキング。

本とは先人たちの知識、経験、そして智慧の結晶。 本とは、過去から現在に至るまでの先人たちの知識、経験、そして智慧の集積にほかなりません。彼らは、時空を超えて我々に語りかけ自己の研鑽の鍵を与えてくれます。1000円や2000円、時には数百円という投資…

収入の何%を投資にまわすべきか?計画的な投資が確実な資産形成を生む

今日はあなたの収入の内どれくらいを株式投資にまわすべきか、考えてみましょう。それにはまず資産形成というものについて今一度考えてみる必要があります。資産形成は、単にお金を増やすこと以上の意味を持っています。それは将来の不確実性に備え、安定し…

株式投資で月10万円稼ぐ為のメソッドを紹介~これがわかれば50万円、100万円も難しくはない

株式投資において、月10万円の収益を目指すという目標は、一見すると控えめなものかもしれません。しかし、この目標を達成するためには、市場の動向を理解し、適切な投資戦略を立てる必要があります。投資理論を十分に理解していない状態では、このような10…

インフレの時代に人はどう投資するべきか:大切な資産を守るためのヒント

日本に押し寄せるインフレの波 インフレとは、広義には物価の一般的な上昇を指します。具体的には、食料品から不動産まで、生活に必要なあらゆる商品やサービスの価格が上昇する現象を言います。この物価上昇は、消費者が同じ金額で以前よりも少ない商品やサ…

小林製薬「紅麹」問題で株価急落し株主達は阿鼻叫喚③~バイオ・医薬品銘柄全般に大打撃?崩壊する日本の薬・サプリメントの安全神話、インバウンドへの影響は?

小林製薬の紅麹製品に関連する健康被害問題は連日、日本を揺るがせています。この問題は、単に小林製薬という一企業の行く末を左右するものではありません。小林製薬の製品の安全性に関する懸念が、ひいては日本製の医薬品やサプリメント全てに対する国内外…

小林製薬「紅麹」問題で株価急落し株主達は阿鼻叫喚②~小林製薬の株価は今後回復するのか?問われる企業としての対応と、我々投資家の見極め方

28日の記事でも取り上げた小林製薬の「紅麹問題」は連日メディアを賑わせています。小林製薬はその後「紅麹コレステヘルプ」を使用したユーザーからの多数の健康被害の報告に、死亡事例も数件含まれることを公表し、29日には記者会見も行いました。さらに台…

世界にはびこる金融詐欺の実態~投資家に忍び寄る甘い罠~大切な資産を奪い取ろうとする悪魔、犯罪から身を守る為に

金融投資詐欺は、古くから存在する犯罪の一形態ですが、近年、その手口はますます巧妙化し、国境を越えて広がっています。金融投資詐欺の根底には、「何かを何かと交換する」という人類史上最古の原則があります。しかし、この「交換」が不均等なものになり…

小林製薬「紅麹」問題で株価急落し株主達は阿鼻叫喚~企業の突然の不祥事やトラブルから我々投資家はどのように身を守るべきか、防御策とリスクヘッジの重要性

小林製薬は最近、紅麹を含むいくつかの製品に関連する健康被害の報告を受け、自主回収を開始したことを発表しました。特に「紅麹コレステヘルプ」を摂取した消費者から腎疾患が報告されています。同社の一部の紅麹原料に意図しない成分が含まれていた可能性…

「株式投資はギャンブル」という昭和的な考え方は捨て去るべし

私が親に「株をやっている」と言うと、眉をひそめて「そんなギャンブルみたいなことやめなさい」と言われます。昭和世代の日本人には未だにこのような考え方の人が少なくありません。昔はコツコツまじめに会社で働くのが良いこととされ、株などの金融投資で…

日銀の利上げがもたらす”地獄”の日々~マイナス金利政策解除で国民の暮らしは困窮する?

昨日、日銀の金融政策決定会合でマイナス金利政策を解除し、17年ぶりの利上げが実施されることが決まりました。長らく続く円安により、我々国民は海外旅行もできず、多くの若者にとってiPhoneは手の届く物ではなくなり、物価もどんどん上昇しています。しか…



当ブログへのお問い合わせはこちら  ©2023–2024 Finance Wisdom  ブログランキング・にほんブログ村へ 金融・投資ランキング